コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

譜牒余録 ふちょうよろく

2件 の用語解説(譜牒余録の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

譜牒余録【ふちょうよろく】

江戸幕府官撰による大名や幕臣(ばくしん)等の系譜集成。総目1巻,前編60巻,後編40巻。1799年成立。《寛政重修諸家譜》編纂の資料とするため,同家譜の編集総裁であった堀田正敦(ほったまさあつ)が,1684年に諸家より提出された家譜(《貞享書上》)を転写させ,一書としてまとめたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふちょうよろく【譜牒余録】

江戸幕府官撰による大名や幕臣等の系譜集成。《武徳大成記》(1686)編纂の際,幕府が諸家に命じて呈出させた家譜(貞享書上)を,《寛政重修諸家譜》(1812)の編集に当たって集録したもの。前編60巻,後編40巻。1799年(寛政11)成立。当時若年寄で《寛政重修諸家譜》の編集総裁であった堀田正敦の撰。諸家の書上をかなり忠実に転写したものとみられ,体裁・表記等は不統一であるが,幕府官撰の系譜としては《寛永諸家系図伝》《寛政重修諸家譜》に次ぐ貴重な史料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

譜牒余録の関連キーワード内高系図新撰姓氏録武鑑譜代大名御触書集成官撰定府城米駿府加番

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone