負債コスト

株式公開用語辞典の解説

負債コスト

企業が事業を行うために調達した資本にかかるコストのうち、債権者より調達した負債に対するコストのこと。負債は、借入金にかかる費用である支払利息や、債券の発行による費用である発行費用及び支払利息のことである。税務上、支払利息は損金算入されるので、負債コストからは差し引いて考える。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

負債コストの関連情報