財界総本山(読み)ざいかいそうほんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「財界総本山」の意味・わかりやすい解説

財界総本山
ざいかいそうほんざん

財界あるいは財界人の中でも最も影響力のある限られた集団を意味し,日本では経団連を指す。諸外国にも同様な集団は存在し,アメリカのビジネス・ラウンドテーブル,イギリスイギリス産業連盟,さらに EUではヨーロッパ・ラウンドテーブルなどがそれに当たり,インナーサークルという呼び名もある。これらの指導的メンバーは重役兼任制,企業系列,株の持ち合いといったさまざまな企業間の結び付きや,各種の政府関係機関や諸団体の多くのポストを通じて濃密な人的ネットワークを築き,価値ある情報や政府の重要な意思決定へのアクセスと強力な社会的影響力の行使を可能にしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android