貧困家庭(読み)ひんこんかてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貧困家庭
ひんこんかてい

低所得のため生活必要手段が欠乏し,生活に困窮する家庭をいう。生活保護を受けている被保護世帯や,受けてはいないがそれと境を接し最低生活を余儀なくされているボーダーライン層などが代表的な例である。以前はその原因を怠惰や無知など個人の責任に求める見解が支配的であったが,20世紀に入ってから,資本主義社会の構造的矛盾が生み出した社会問題として社会の責任において対応策を講ずべき対象だと考えられるようになり,公的扶助や低所得層対策が展開されることとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貧困家庭の関連情報