コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貧栄養泥炭 ひんえいようでいたんoligotrophic peat

岩石学辞典の解説

貧栄養泥炭

栄養物がわずかな泥炭[Fraser : 1943].ギリシャ語のoligosは少ない,tropheは滋養物,食物の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典内の貧栄養泥炭の言及

【泥炭】より

…中間泥炭の集積が進んで地下水の影響がまったくなくなり養分の供給がさらに減少すると,ほとんど雨水だけで繁殖できるミズゴケ,ホロムイスゲ,ツルコケモモ,ミカヅキグサなどの植物遺体からなる泥炭が集積するようになり,地表面が周囲よりも高くこんもりと盛り上がってくる。これを高位泥炭または貧栄養泥炭という。また泥炭は構成植物によってミズゴケ泥炭sphgnum peat,スゲ泥炭sedge peat,木質泥炭woody peatなどに分けられる。…

※「貧栄養泥炭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貧栄養泥炭の関連キーワードフレーザー城フレーザー島フレーザー充填粗腐植ティル貧栄養土壌富栄養土壌エリオフォラム泥炭局地的泥炭

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone