ている

精選版 日本国語大辞典「ている」の解説

て‐・いる ‥ゐる

連語〙 (接続助詞「て」に補助動詞「いる」のついたもの。上に来る語によって「でいる」とも)
① ある動作・作用が持続、または繰り返し進行中である意を表わす。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)韓彭芙盧呉第四「細々に出仕支用と思てひつこふているぞ」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「余っ程君をラブ〔愛〕して居(ヰ)るぞう」
② 動作、作用の完了した状態がそのままたもたれていることを表わす。
※中華若木詩抄(1520頃)中「遺賢とは、にのこりている賢人也」
※人情本・花筐(1841)二「お芳お湯は沸いてゐるかエ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ている」の解説

て◦いる〔てゐる〕

[連語]7

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android