コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

販売農家・自給的農家 はんばいのうかじきゅうてきのうか

世界大百科事典 第2版の解説

はんばいのうかじきゅうてきのうか【販売農家・自給的農家】

農家のうち,商品生産を主たる目的とする農家(経営耕地面積30a以上。または農産物販売額50万円以上)を販売農家,飯米自給等を主たる目的とする農家(30a未満,50万円未満)を自給的農家という。1990年から設けられた定義で,95年の農家344万戸のうち販売農家(専業農家+兼業農家)が265万戸,自給的農家が79万戸である。なお,自給的農家にほぼ類似するものとして,それまでは飯米農家という言葉が使用されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android