貫木(読み)かんのき

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐ぎ クヮン‥【貫木】

〘名〙 花札で、一貫、二貫などと貫高を記した木札。金の代わりにやりとりするもの。かんのき。

ぬき‐ぎ【貫木】

〘名〙 =ぬき(貫)(一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の貫木の言及

【閂】より

…門や出入口などの扉を閉じて内側から固めるための横木。貫木とも書く。貫木(かんのき)または関木(かんのき)から転じた。…

※「貫木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報