コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貫き/頬貫 ツラヌキ

デジタル大辞泉の解説

つら‐ぬき【貫き/貫】

毛皮製の浅沓(あさぐつ)。袋状に作り、縁に貫緒(ぬきお)を通して、足の甲の上で引き締めて結ぶところからいう。武士・犬飼い・猟師などが用いた。つなぬき。
雨や雪の日に用いた皮革製のくつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

貫き/頬貫の関連キーワードモン・ブラン・トンネル土留め桟・土留桟ライスベス通りフンブオン通り仕切り違い棚リドラス通りカラバッジョクイーン通り東洋経済新報綜麻・巻子スエズ運河日本橋室町うちひさつベランジェ実体振子筑紫の島レギャン心底尽くシブガモ顔面神経

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android