コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貫高 かんだか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貫高
かんだか

鎌倉時代末期から行われた土地面積の表示方法。石高が土地の生産表示であるのに対し,高は土地に賦課された税額を銭貨の高 (貫文) で表示した収納高であり,それが同時に「何貫文の地」というように地積を示した。この制度を貫高制または貫文制という。貫高は当初,人間単位に課せられた公事銭の額で示されたが,次第に田畑の地積測量の基準として使われ,特に東国では広く行われた。永楽銭の流通に伴って永高制が用いられるようになると,貫高と永高が混用された。また反別,石高との換算率は一定していない。太閤検地以後,貫高は大部分が石高に統一されたが,上田藩のように表高は石高で,年貢収納は貫高を用いたところもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐だか〔クワン‐〕【貫高】

中世、土地の面積表示の方法。その土地から徴収できる年貢の量を貫文(銭)で表したもの。→石高(こくだか)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

貫高【かんだか】

室町・戦国時代の土地面積の表示法。土地の実面積が計量できず,生産高も把握(はあく)できないため,元来は貨幣の単位である貫文(かんもん)()に換算された年貢収納高を土地面積の基準としたもの。
→関連項目永高検地

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんだか【貫高】

室町・戦国時代に用いられた所領規模の表示方式。とくに戦国大名が知行宛行(あておこない)の際に広く用いたもので,年貢量とともに軍役量の基準をあらわす数値であった。貫高の起源はかならずしも明らかでないが,14~15世紀を通じて発展した年貢の代銭納と,将軍―守護および守護―国人間の知行宛行,軍役収取の必要から徐々に形成されたと考えられる。この時期には荘園や公領を何貫文の地と表現したり,守護大名を何千貫衆,何万貫衆などと呼びならわすことも広まっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんだか【貫高】

中世、土地面積・地代を銭で換算した方式。村高や所領高の評価基準としても機能した。近世の石高こくだか制施行の後も、東国などでは用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貫高
かんだか

土地・地代などを銭貨の単位である貫文(かんもん)によって表示する中世社会特有の方法。江戸時代の農政書であり1794年(寛政6)に成立した『地方凡例録(じかたはんれいろく)』には、鎌倉期文永(ぶんえい)のころ(13世紀後半)より貫高が現れ、室町期には東国・西国ともに貫高になったと記されている。貫高成立の背景には、貨幣流通の拡大とともに、土地からの年貢収取を代銭納(だいせんのう)によって行っていくという、13世紀後半から14世紀前半ごろの領主諸層による対応という状況があり、貫高により田畑1枚ごとの年貢高が表示され始めていった。もちろんこれによってすべてが代銭納になったわけではないが、しだいにその標準的共通単位が示されていった。この過程の究明は、各地域・荘園(しょうえん)ごとにみられる枡(ます)の不統一や、米と貫高の換算率の問題として残されている。前述の標準的共通単位について、戦国期の場合では西国の厳島(いつくしま)社領に1反=500文という標準がみられ、東国の後北条(ごほうじょう)氏領国においても同様の傾向が指摘できる。また貫高は、年貢高表示にとどまらず、戦国大名による村落や家臣団(領主層)の所領高などを把握する際の基準として機能していった。のち豊臣(とよとみ)秀吉の全国平定により石高制が成立するが、なお東国では永楽銭(えいらくせん)の価値を基準に年貢高を算定・換算する貫高として永高(えいだか)表示が残った場合もみられ、近世においても幕府による永高や、米1石を銭1貫文の換算基準とした西国における毛利(もうり)氏の「石貫銭(こくかんせん)」の採用など、貫高が与えた影響は大きい。[久保田昌希]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の貫高の言及

【永高】より

…永積,永盛,永別などの呼称もある。年貢銭納は鎌倉末期に始まり,領主が知行地を分銭何貫文の地と表示する貫高制が成立したが,永楽銭の通用がひろまるにつれて東国ではそれが諸種の銭貨の中で基準たる地位をしめるにいたり,後北条氏が年貢銭納を永楽銭に限定し,永楽銭による分銭高を永高と称し,その慣習がひろく関東一円にひろまった。後北条氏の場合は永高と従来の貫高との比率を1対2としたが,地域によって一様ではない。…

【石高制】より

…土地の標準収穫量である石高を基準にして組み立てられた近世封建社会の体制原理をいう。
[貫高制との相違]
 戦国大名も貫高制に基づいた検地を行い,軍役基準を定めたが,土地面積に応じた年貢賦課が原則で,どれだけの収穫量があるかについては無関心であった。田畠をそれぞれ上中下に分け,それに応じて年貢額が算出される例もあるが,たとえば後北条氏の場合のように,田1反=500文,畠1反=165文と,年貢額は固定されていた。…

【仙台藩】より

… 土地制度は文禄,慶長,元和の諸検地を経て寛永総検地で確立した。藩政期を通じて石高制ではなく貫高制をとったが,文禄検地で貫高80文につき米1石納と定め,寛永検地で貫高100文につき米1石納に改め,税制,村落制度,知行制の基礎を確定した。52年(承応1)には貨幣納・米納の二本立てを廃し,田方は原則として米納に改めた。…

※「貫高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貫高の関連キーワードフォンシャン(鳳山)市チーロン(基隆)市北条氏(後北条氏)小田原衆所領役帳三河一向一揆大名領国制鎌倉(市)八田 嘉明斎藤義龍松田憲秀織豊政権織田信長斎藤義竜知行目録北条早雲石代納仙台藩小諸藩軍役帳石直し

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android