買持米(読み)カイモチマイ

デジタル大辞泉の解説

かいもち‐まい〔かひもち‐〕【買持米】

江戸時代、米商人が買い蓄えておく米。米価の高騰を見込んでの買い持ちのほか、幕府や封建領主が、米価調節の目的で買い持ちをさせる場合があった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいもちまい【買持米】

江戸時代、江戸幕府が米価調節の目的で米商人に買い持ちにさせた米。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かいもち‐まい かひもち‥【買持米】

〘名〙 江戸時代、米価の高騰を予想して多く米商人が買いたくわえておく米。囲持(かこいも)ち米。
※町方奉行所留(尾張)‐天保八年(1837)三月「連年凶作続にて米直段高直、下々難渋募り候に付、申(七年)十二月商人買持米売出方申達候得共、于今験も無之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android