買置(読み)かいおき

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐おき かひ‥【買置】

〘名〙
① 値上がりを予想して買って貯えておくこと。また、その品物
※史記抄(1477)一五「利をとらうとてこそ銭をもった者はかいをきをばすれ」
② 余分に買ってすぐ使わないでしまっておくこと。また、その品物。
※桑の実(1913)〈鈴木三重吉〉八「棚の笊に馬鈴薯の買ひ置きがあるので」

かい‐お・く かひ‥【買置】

〘他カ四〙 買って貯えておく。
※史記抄(1477)一一「物の価の賤時は買置て貴時に売ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android