コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀々女 かがじょ

2件 の用語解説(賀々女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀々女 かがじょ

?-? 南北朝-室町時代の商人。
貞治(じょうじ)4=正平(しょうへい)20年(1365)京都長坂口の紺灰(こんばい)(紺染の触媒につかう木灰)座の商家をつぎ,営業独占権をもつ四座のひとつをしめた。応永16年座を娘のねね女にゆずった。加々女ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

賀々女

生年:生没年不詳
南北朝・室町時代初期,紺染の触媒に使う 紺灰商売の京都での営業独占権を持った大商人のひとり。加々女とも。長坂口紺灰座は4流あり,そのひとつがこの賀々女流といわれている。おそらく京都の紺灰商売の4分の1の独占権を持っていたものと推定される。紺灰は丹波栗の木灰が最も良質といわれるが,その木灰を丹波の商人が運んでくるのを長坂口で受け取り,京都の染物業者に売る紺灰商売を貞治4/正平20(1365)年に相続して,他商人の売買を禁じるという,本所の掃部頭中原師胤などの御教書を得ている。応永16(1409)年にその権利を「としより候により」娘のねね女に譲っている。44年間もの間,商売をしていたことがわかる。ねね女(法名ちゃうしん)の夫ちゃうけんは,佐野又三郎重隆の曾祖父である。佐野家は京都の豪商で寛永文化人の灰屋紹由・紹益の家であり,その豪富は,賀々女,ねね女の紺灰商売で築かれたといってよい。<参考文献>脇田晴子『日本中世商業発達史の研究』

(脇田晴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賀々女の関連キーワード触媒毒正触媒紺染源氏物語・大沢本兼国(2)少弐貞頼宗頼茂尹良親王友重(3代)頼勝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone