コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀々女 かがじょ

2件 の用語解説(賀々女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀々女 かがじょ

?-? 南北朝-室町時代の商人。
貞治(じょうじ)4=正平(しょうへい)20年(1365)京都長坂口の紺灰(こんばい)(紺染の触媒につかう木灰)座の商家をつぎ,営業独占権をもつ四座のひとつをしめた。応永16年座を娘のねね女にゆずった。加々女ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

賀々女

生年:生没年不詳
南北朝・室町時代初期,紺染の触媒に使う 紺灰商売の京都での営業独占権を持った大商人のひとり。加々女とも。長坂口紺灰座は4流あり,そのひとつがこの賀々女流といわれている。おそらく京都の紺灰商売の4分の1の独占権を持っていたものと推定される。紺灰は丹波栗の木灰が最も良質といわれるが,その木灰を丹波の商人が運んでくるのを長坂口で受け取り,京都の染物業者に売る紺灰商売を貞治4/正平20(1365)年に相続して,他商人の売買を禁じるという,本所の掃部頭中原師胤などの御教書を得ている。応永16(1409)年にその権利を「としより候により」娘のねね女に譲っている。44年間もの間,商売をしていたことがわかる。ねね女(法名ちゃうしん)の夫ちゃうけんは,佐野又三郎重隆の曾祖父である。佐野家は京都の豪商で寛永文化人の灰屋紹由・紹益の家であり,その豪富は,賀々女,ねね女の紺灰商売で築かれたといってよい。<参考文献>脇田晴子『日本中世商業発達史の研究』

(脇田晴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone