コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四座/四坐 シザ

5件 の用語解説(四座/四坐の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐ざ【四座/四×坐】

四方の座。また、そこに座る人。座全体。
よざ(四座)

よ‐ざ【四座】

室町時代、大和猿楽の4団体。結崎(ゆうざき)(観世)・外山(とび)(宝生(ほうしょう))・坂戸(さかど)(金剛)・円満井(えんまんい)(金春(こんぱる))の四つの座。江戸時代には喜多流を加えた四座一流を幕府が保護。大和猿楽四座。しざ。
江戸で公許された4軒の芝居小屋中村座市村座森田座山村座江戸四座。しざ。→江戸三座

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しざ【四座】

よざ【四座】

江戸時代の演能組織、観世かんぜ座・宝生ほうしよう座・金春こんぱる座・金剛こんごう座の四つの座。大和猿楽の流れをくみ、それぞれ自流のシテ方のほかに座付きのワキ方・狂言方・囃子方を有し、幕府から禄を受けていた。しざ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四座/四坐の関連キーワード観世流大和四座観世座坂戸座猿楽座大和猿楽結崎座猿楽四座大和猿楽四座亀阿弥

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone