四座/四坐(読み)シザ

デジタル大辞泉の解説

し‐ざ【四座/四×坐】

四方の座。また、そこに座る人。座全体。
よざ(四座)

よ‐ざ【四座】

室町時代、大和猿楽の4団体。結崎(ゆうざき)(観世)・外山(とび)(宝生(ほうしょう))・坂戸(さかど)(金剛)・円満井(えんまんい)(金春(こんぱる))の四つの座。江戸時代には喜多流を加えた四座一流を幕府が保護。大和猿楽四座。しざ。
江戸で公許された4軒の芝居小屋。中村座市村座森田座山村座。江戸四座。しざ。→江戸三座

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

四座

能楽の四家。▽観世(かんぜ)、宝生(ほうしょう)、金春(こんぱる)、金剛(こんごう)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

しざ【四座】

よざ【四座】

江戸時代の演能組織、観世かんぜ座・宝生ほうしよう座・金春こんぱる座・金剛こんごう座の四つの座。大和猿楽の流れをくみ、それぞれ自流のシテ方のほかに座付きのワキ方・狂言方・囃子方を有し、幕府から禄を受けていた。しざ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android