コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四座/四坐 シザ

デジタル大辞泉の解説

し‐ざ【四座/四×坐】

四方の座。また、そこに座る人。座全体。
よざ(四座)

よ‐ざ【四座】

室町時代、大和猿楽の4団体。結崎(ゆうざき)(観世)・外山(とび)(宝生(ほうしょう))・坂戸(さかど)(金剛)・円満井(えんまんい)(金春(こんぱる))の四つの座。江戸時代には喜多流を加えた四座一流を幕府が保護。大和猿楽四座。しざ。
江戸で公許された4軒の芝居小屋。中村座市村座森田座山村座。江戸四座。しざ。→江戸三座

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

四座

能楽の四家。▽観世(かんぜ)、宝生(ほうしょう)、金春(こんぱる)、金剛(こんごう)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

しざ【四座】

よざ【四座】

江戸時代の演能組織、観世かんぜ座・宝生ほうしよう座・金春こんぱる座・金剛こんごう座の四つの座。大和猿楽の流れをくみ、それぞれ自流のシテ方のほかに座付きのワキ方・狂言方・囃子方を有し、幕府から禄を受けていた。しざ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

四座/四坐の関連キーワード葛野九郎兵衛宍戸善兵衛京都町奉行喜多七太夫近江猿楽四座雑色観世黒雪観世宗節能楽五流猿楽四座大和四座円満井座観世座外山座宝生流ワキ方囃子方手猿楽狂言方シテ方

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android