木灰(読み)キバイ

  • きばい ‥ばひ
  • きばい〔ばひ〕
  • もっかい モククヮイ
  • もっかい〔モククワイ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 草木などを焼いて作った灰。あく抜きや肥料などに用いられる。わら灰、石灰(いしばい)などに対していう。もっかい。
※稲熱病(1939)〈岩倉政治〉五「『小便灰』(藁灰又は木灰に熟した小便をまぜて掻きまはしたもの)がよいといふものがゐたが」
② 釉(うわぐすり)を溶けやすくするために加える溶媒の一つ。その中の炭酸石灰分が利用される。
〘名〙 草木を焼いて作った灰。きばい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木灰の関連情報