賀古 鶴所(読み)カコ ツルド

20世紀日本人名事典の解説

賀古 鶴所
カコ ツルド

明治・大正期の医師



生年
安政2年1月2日(1855年)

没年
昭和6(1931)年1月1日

出生地
遠江国浜松(静岡県)

学歴〔年〕
東京大学医科〔明治14年〕卒

経歴
緒方正規に師事して細菌学を研究、後軍医学校で初めて細菌学を講じた。明治21年山県有朋に従い訪欧、ベルリン大学で耳鼻咽喉科を修め、帰国後軍医官となり陸軍軍医学校で同科を講じた。また日本赤十字社病院で耳鼻咽喉科外来診療を行い、その創始者となった。23年「耳科新書」を刊行。その後開業医となったが、山県の信頼厚く、国事上の相談に乗った。吃音の矯正を初めて試み、開業試験廃止を主張した。森鷗外は東大の同窓で親友。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android