山県(読み)ヤマガタ

デジタル大辞泉の解説

やま‐がた【山県】

山にあるあがた。転じて、山の畑。
「―に蒔ける青菜も」〈・下・歌謡〉

やまがた【山県】[地名]

岐阜県中南部の市。岐阜市の北に位置する。平成15年(2003)高富町、美山町、伊自良村が合併して成立。旧郡名を新市名とした。人口3.0万(2010)。

やまがた【山県】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「山県」姓の人物
山県有朋(やまがたありとも)
山県大弐(やまがただいに)
山県悌三郎(やまがたていざぶろう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまがた【山県】

山にある、あがた。山にある領地。また、山の畑。 「 -に蒔きしあたね舂き/古事記

やまがた【山県】

岐阜県南西部の市。岐阜市の北に位置。多くは丘陵地で、長良川の支流の武儀川、鳥羽川、伊自良川に沿って平地が広がる。稲作が主。

やまがた【山県】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やまがた【山県】

[1] 〘名〙 (「やまあがた」の変化したもの) 山にある、大和政権が直接に支配する料地。転じて、山の畑。山地の畑。
古事記(712)上・歌謡「夜麻賀多(ヤマガタ)に 蒔(ま)きし あたて舂(つ)き」
[2]
[一] 岐阜県の中南部の地名。岐阜市の北に位置する。平成一五年(二〇〇三)市制。
[二] 広島県の北西部の郡名。中国山地の中央部にある。山方とも書いた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山県の関連情報