コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山県 ヤマガタ

6件 の用語解説(山県の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やま‐がた【山県】

山にあるあがた。転じて、山の畑。
「―に蒔ける青菜も」〈・下・歌謡〉

やまがた【山県】[地名]

岐阜県中南部の市。岐阜市の北に位置する。平成15年(2003)高富町、美山町、伊自良村が合併して成立。旧郡名を新市名とした。人口3.0万(2010)。

やまがた【山県】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「山県」姓の人物
山県有朋(やまがたありとも)
山県大弐(やまがただいに)
山県悌三郎(やまがたていざぶろう)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまがた【山県】

山にある、あがた。山にある領地。また、山の畑。 「 -に蒔きしあたね舂き/古事記

やまがた【山県】

岐阜県南西部の市。岐阜市の北に位置。多くは丘陵地で、長良川の支流の武儀川、鳥羽川、伊自良川に沿って平地が広がる。稲作が主。

やまがた【山県】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山県の関連情報