コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吃音 キツオン

デジタル大辞泉の解説

きつ‐おん【×吃音】

発声時に第1音が円滑に出なかったり、ある音を繰り返したり伸ばしたり、無音が続いたりする言語障害。不安や緊張などの心理的影響が強いと考えられているが、原因は不明。舌・唇・声帯横隔膜など、発声調音構音)・呼吸に関係のある器官痙攣(けいれん)を伴うこともある。音症。吶吃(とっきつ)。どもり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

吃音

「ぼ、ぼ、ぼくは」のように繰り返す「連発性」、「ぼーくは」と伸ばす「伸発性」、「……(ぼ)くは」と出だしの音が出ない「難発性」の主に3種ある。群馬大学大学院保健学研究科の豊村暁講師によると、2~7歳に多く発症する。発症率は人口の約5%だが、自然治癒などの結果、定着する割合は約1%とされる。男女比は男性が女性の3~4倍の割合だ。

(2015-11-03 朝日新聞 朝刊 群馬全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

吃音【きつおん】

言語障害の一種。器質的異常はないが,呼吸・発音・構音にかかわる筋肉が不随意性にけいれんし,流暢(りゅうちょう)に話すことができないもの。一般には〈どもり〉とも。
→関連項目言語障害言語療法行動療法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館の解説

きつおん【吃音 Stuttering】

[どんな病気か]
 同じ発音をくり返したり、ことばがつかえたりするなど、ことばのリズムまたは流暢(りゅうちょう)さの障害です。言語発達の初期段階(2~3歳ごろ)に始まる場合もありますが、言語発達が進んだ後年になっておこる場合もあります。
[原因]
 幼児期に生じる吃音は、ことばの発達の遅れにともなうものが多く、ことばを操る脳のメカニズムの発達の遅れと関係している可能性があります。しかし、ことばの遅れた子どもがすべて吃音をともなうわけではないので、ほかの要因、とくに心理的要因も考えねばなりません。
 子どもが神経質で、しかも親が子どものことばづかいや発音に干渉する場合や、大きな精神的ショックを受けて吃音が生じた場合には、心理的要因が強く関係しています。
 情緒不安や精神的葛藤を原因とする説もありますが、これらだけが原因とは単純にいえません。
「吃音をまねしていると吃音がうつる」という俗説がありますが、まったく根拠がありません。
[治療]
 吃音のほんとうの原因がわかっていないだけに、すっきりした治療法がありませんが、周囲の人が吃音児をどのような気持ちで見ているかといった心理的な要因が、直接・間接に大きく影響するので、子どもよりも親や周囲の人へのカウンセリングのほうが重要になります。
 幼児期や小学校低学年のうちは、こども自身がまだ自分の吃音を深く自覚していません。それだけに、周囲の人が吃音を受け入れてやり、吃音があっても平気で話せる雰囲気をつくってあげることがたいせつです。むりに矯正(きょうせい)しようとすると、心理的な圧迫となり、ますますひどくなる場合があります。
 周囲の人が、吃音をおおらかに受け入れていれば、吃音が目立ったり、軽くなったりをくり返しながら、治っていくことが多いのです。
[日常生活の注意]
 吃音児は、親や周囲の人の心理状態に敏感に反応します。それだけに周囲の人たち、とりわけ親や家族の情緒の安定がたいせつで、吃音があっても積極的に子どもの集団に参加させ、たくましく育てる姿勢が求められます。
 吃音を治してから子どもの集団に入れたいという親が少なくありませんが、このような消極的姿勢は逆効果です。吃音があっても堂々と生きていくというたくましさこそ、吃音を治す最良の道といえます。

きつおん【吃音】

 ことばの音や音節を頻繁(ひんぱん)にくり返したり、中断したりして、会話が流暢(りゅうちょう)に進まないものです。4、5歳ころ始まることが多く、女児に多くみられます。
 幼児期には、急速な興味の広がりに対して、表現することばや表現力が少ないことから、語をくり返したり、ためらうために吃音を生じることが多く、これは発達上の生理的な現象と考えられます。一方で吃音は内向的、几帳面(きちょうめん)、強迫的な子どもに多く、親の厳格・過干渉とそれにともなう子どもの緊張・不安定感などが指摘されており、神経症的な症状の場合もあります。
 吃音そのものを叱(しか)ったり、指摘したりせず、不安や緊張を取り除くように対応します。長引く場合、年長児になって本人が問題として自覚する場合は、ことばの訓練などが行なわれます(「吃音」)。

出典 小学館家庭医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

きつおん【吃音】

話しことばを発する時、第一音や途中の音が詰まったり、同じ音を何度も繰り返したり、音を引き伸ばしたりして、流暢に話すことができない状態。吃音発生の原因は不明確である。男子に多く見られる。吃音症。 「 -矯正」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吃音
きつおん

言語障害の一つで、ことばが流暢(りゅうちょう)に話せず(非流暢性)、どもる状態をいう。話そうとすると、語音の始めあるいは途中で、発声、構音、呼吸に関係のある器官、たとえば喉頭(こうとう)、舌、口唇、横隔膜などにけいれんがおこり、ことばがつかえ、ある音を繰り返したり、引き伸ばしたりする。このような状態に随伴して、顔が紅潮し、汗をかき、呼吸が苦しいようすで、脈拍も速くなり、顔をしかめ、異様なまばたきをし、激しいときには手足までけいれんすることがある。
 神経や発語器官などに形態的、器質的な病変はまったく存在せず、心理的な機能性障害である。小児で男子に多い。ある特定の語音のときにおこるのが普通で、カ行、サ行、タ行の音が多い。母音でおこることは、ほとんどない。
 原因についてはいろいろの説があるが、もっとも一般に認められているのは、幼児の言語発達に伴い二次的に発生するという説である。すなわち、幼児が言語を獲得してくる過程で、3、4歳ころになると発語意欲がきわめて旺盛(おうせい)になり積極的に話そうとするが、発語器官の働き(運動)が未熟でそれに追い付けなかったり、語音の選択を迷ったりして、どもったような状態になることは珍しくない。これを生理的吃音という。子供自身は自分のことばの非流暢さをとくに意識せずに、なんとかうまく話そうと努力し、自然にその状態から脱出する。ところが、母親など近親の人がその状態をみて、吃音ではないか、あるいは吃音になってはいけないと考え、その状態を治そうとして、うまく話せない語音を何回も繰り返して発音させたり、しかったりする。このようなことがかえって子供に焦り、不安、恐怖などの感じを与え、しだいに子供自身がことばの非流暢さを意識し、真の吃音になってしまうことがもっとも多い。このように、自意識があるかないかが重要であり、生理的に吃音に似た状態になったときにおける適正な指導が、吃音の予防にはもっともたいせつである。
 実際に子供が話の途中でどもるような状態になったときは、その単語を補足してやり、子供がその先を話しやすくし、話そうとする意欲をもつようにするのがよい。その単語を復唱させたり、練習させたりするのは、もっとも悪い。すなわち治療には、精神的・心理的方法がもっともよい。要は、話すことに喜びを感じ、自信を得させることであり、心理劇などを利用することが多くなっている。話し方は、呼吸は深呼吸、発声は軟起声、発語は母音から始め、しだいに練習させていく。[河村正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吃音の言及

【吃】より

…吃音(きつおん)ともいう。〈どもる〉という現象は,話しことばの流れのうえにみられる異常な乱れであり,話そうとするときに音やことばを繰り返す(連発),音を引き伸ばす(引伸し),ことばがつまって出てこない(難発)という状態をいう。…

※「吃音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吃音の関連キーワード吃・吉・喫・屹・拮・橘・詰三遊亭円歌(2世)流暢さを欠いた発話エフド ヤイリトム フーパーキム・ハクヨン風子のいる店木村 岳風伊沢 修二田辺 一鶴タルタリア大熊喜代松対人恐怖症賀古 鶴所言語治療士林 承賢ファースキャロル小島信夫樺島勝一

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吃音の関連情報