賃金インフレーション(読み)ちんぎんインフレーション(英語表記)wage inflation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賃金インフレーション
ちんぎんインフレーション
wage inflation

賃金の上昇。 J.M.ケインズは『雇用・利子および貨幣の一般理論』 (1936) のなかで,賃金率引上げに比例して一般物価水準も上昇するとしたが,その後 S.スリクターは生産要素,特に労働賃金費用の上昇率が生産性の上昇率よりも高く,それによって引起される物価上昇を,コスト=プッシュ・インフレーションととらえた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android