賞旗制度(読み)しょうきせいど

世界大百科事典 第2版の解説

しょうきせいど【賞旗制度】

資本家の賃労働者に対する身分制支配のもとでの超長時間労働と低賃金という,いわゆる〈原生的労働関係〉のもとでの労働能率刺激策の一つ。日本においては,製糸工場,紡織工場などを中心として明治時代中期以降大正期にかけて盛んに行われた。具体的には,企業内の各工場,各組相互間で競争を行わせ,毎月もしくは毎日の最高生産成績をあげた部署優勝旗を与える。そして次の競技の期間内はその部署に掲げさせておくことにより女工の労働意欲を刺激しようとする方策である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android