コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表裏一体 ヒョウリイッタイ

デジタル大辞泉の解説

ひょうり‐いったい〔ヘウリ‐〕【表裏一体】

相反する二つのものが大もとでは一つであること。また、二つのものの関係が密接で切り離せないこと。「官民が表裏一体となって開発を進める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうりいったい【表裏一体】

相反するかに見える二つのものが、根本では密接につながっていること。また、その関係。 「 -をなすもの」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

表裏一体の関連キーワードアウトサイダー・アートアクション・リサーチ全日本労働組合会議煩悩あれば菩提ありワッハーブ派運動ウィンデルバントカルテジアニスムヒンドゥー教美術日本労働総同盟国会対策委員会汎イスラム主義持続可能な発展満州国協和会ファランヘ党サンクション山本東次郎国民保護法退廃芸術展フンボルト社会保障法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表裏一体の関連情報