表裏一体(読み)ひょうりいったい

四字熟語を知る辞典「表裏一体」の解説

表裏一体

相反する二つのものが二ついっしょで一つになること。また、二つのものの関係が密接で切りはなせないこと。また、そのような関係。

[活用] ―をなす。

[使用例] 表面のその強がりも、実は一皮むけば、われながら寒々としたのなえと、表裏一体をなしているのだ[中野好夫*ぼらのへそ|1956~57]

[使用例] 今、公文の心にひっかかったのは、まさに協子の言った言葉と表裏一体をなす、不安と恐れだった[曾野綾子木枯しの庭|1976]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「表裏一体」の解説

ひょうり‐いったい ヘウリ‥【表裏一体】

〘名〙 相反する二つの物がひとつになること。そとづらと内心が一致して、違わないこと。また、二つの物の関係が密接で切りはなせないこと。また、その関係。
※軍隊内務令(1943)四「戦陣要求に適応せしむると共に、教育訓練と表裏一体たらしめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「表裏一体」の解説

ひょうり‐いったい〔ヘウリ‐〕【表裏一体】

相反する二つのものが大もとでは一つであること。また、二つのものの関係が密接で切り離せないこと。「官民表裏一体となって開発を進める」
[類語]相即不離うおと水車の両輪皮を引けば身が付く唇歯輔車しんしほしゃ唇亡びて歯寒し輔車相依あいよ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android