コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表裏一体 ヒョウリイッタイ

デジタル大辞泉の解説

ひょうり‐いったい〔ヘウリ‐〕【表裏一体】

相反する二つのものが大もとでは一つであること。また、二つのものの関係が密接で切り離せないこと。「官民が表裏一体となって開発を進める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうりいったい【表裏一体】

相反するかに見える二つのものが、根本では密接につながっていること。また、その関係。 「 -をなすもの」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

表裏一体の関連キーワードアウトサイダー・アートアクション・リサーチ煩悩あれば菩提あり全日本労働組合会議ヒンドゥー教美術カルテジアニスムウィンデルバントワッハーブ派運動汎イスラム主義持続可能な発展日本労働総同盟国会対策委員会ファランヘ党満州国協和会サンクションフンボルト山本東次郎退廃芸術展社会保障法知行合一説

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表裏一体の関連情報