表裏一体(読み)ヒョウリイッタイ

デジタル大辞泉の解説

ひょうり‐いったい〔ヘウリ‐〕【表裏一体】

相反する二つのものが大もとでは一つであること。また、二つのものの関係が密接で切り離せないこと。「官民が表裏一体となって開発を進める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうりいったい【表裏一体】

相反するかに見える二つのものが、根本では密接につながっていること。また、その関係。 「 -をなすもの」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表裏一体の関連情報