和郎(読み)わろ

精選版 日本国語大辞典の解説

わろ【和郎】

[1] 〘名〙 (「和郎」はあて字で、「わらわ(童)」の変化したものか)
① 子ども。また、召使の子ども。わろう。
※男重宝記(元祿六年)(1693)五「わろは、童子(わらは)也」
② 人をののしって、または、親しみの気持をこめて呼ぶ語。やつ。野郎。対象は老若男女を問わないが、男をさしていう場合が多い。わろう。
※狂言記・六人僧(1700)「あのわろの女房衆」
[2] 〘代名〙 対称。主に男性に対して、ののしったり、親しみをこめて呼んだりするのに用いる。おまえ。あんた。わろう。
※浄瑠璃・日本振袖始(1718)三「わろ共は、牛のはみ物事欠かぬ様に、堤べりの草刈れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報