質量比(読み)しつりょうひ(英語表記)mass ratio

世界大百科事典 第2版の解説

しつりょうひ【質量比 mass ratio】

ロケットの各段につき,推進材の使用前後における質量mimfの比mi/mfをいう。ロケット各段の特性速度は質量比の対数に有効排出速度を乗じたものとなる。したがって各段全質量中推進材の占める比率が大きいほど特性速度が大きくなるが,一方,有効搭載物(ペイロード)と最終的には不要となる構造質量の和が少なくなる。ここで最終段以外についてはそれより上段をペイロードとみなす。全質量に対するペイロード質量の比であるペイロード比α,構造効率βと質量λの間にはλ-1=α+β-αβの関係がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android