コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤タイ族 あかタイぞくRed Tai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤タイ族
あかタイぞく
Red Tai

南部タイ諸族に属するラオ族の一民族で,北ベトナム高地のタインホアからラオス領にかけて分布している。水稲栽培を営み,ムオンと呼ばれる9つの父系外婚氏族に分れている。隣接して居住する黒タイ族と親縁関係があり,言語もタイ語のなかでも特に黒タイ族やタイ・ヌーア族と関係が深い。なお赤タイの呼称は彼らの服装の色に由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

赤タイ族の関連キーワードサムヌア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android