赤星 六郎(読み)アカボシ ロクロウ

  • 赤星 六郎 (あかぼし ろくろう)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期のゴルフ選手



生年
明治34(1901)年6月10日

没年
昭和19(1944)年3月25日

出生地
鹿児島県

学歴〔年〕
プリンストン大学卒

経歴
貿易商の家に生まれ、10代からアメリカへ渡り学生生活を送る。ゴルフに熱中し、大正13年名門パイン・ハーストゴルフクラブでのアマスプリングトーナメント優勝。14年帰国後、東京ゴルフクラブ入会、日本のゴルファーにアメリカの最新の技術を広め、日本ゴルフ界に革命をもたらした。昭和2年の第1回日本オープンはプロの浅見緑蔵に10打差をつけて優勝した。ゴルフ・コース設計者でもある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1901年6月10日
大正時代;昭和時代のアマチュアゴルファー
1944年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤星 六郎の関連情報