コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーナメント tournament

翻訳|tournament

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トーナメント
tournament

勝ち抜き形式の試合方法。対戦の組合せは一般に抽選で決めるが,2回戦以後は勝者同士で対戦していき,最後まで勝ち残った2者で優勝を競う。トーナメントが勝ち抜き試合方式という用語となったのは 20世紀初頭からで,もとは 11世紀中頃フランスに興り,中世ヨーロッパで盛んに行われた騎士の馬上競技をさした。これは,相手側を攻撃して落馬させる競技で,1人でも多く勝ち残ったチームを勝ちとし,勝ったほうは負けたほうから甲冑と馬を戦利品として取ったうえ贖償 (しょくしょう) 金を請求するならわしであったが,15世紀頃には1騎ずつで長やりを用い,領主や貴婦人の前で行われる競技 (ジュースト joust) となった。しかし一般には,ジューストをもトーナメントと呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トーナメント(tournament)

試合・競技で、敗者を除いていき、勝者どうしが戦い抜いて優勝を決める試合方式。勝ち残り式試合方法。勝ち抜き試合。→リーグ戦
中世ヨーロッパ騎士の馬上試合。二組に分かれた騎士が甲冑をつけて馬に乗り、勝ち抜き式で行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

トーナメント

試合形式の一つ。勝ち抜き戦。総当たりで行われるリーグ戦に比べて,試合数が少なくて済む。しかし,優勝候補同士が最初に対戦するという不公平も生ずるので,それを補正する意味で,シード制や敗者復活戦などが採用されている。
→関連項目騎士

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トーナメント【tournament】

ヨーロッパ中世の騎士による馬上試合。11世紀中ごろフランスで始まり,初期にはおおぜいの騎士が2組に分かれて争うメレmêléeだったが,やがて1対1で長槍を使って相手を馬から落とすジョーストjoustという方法が生まれ,15世紀には領主や貴婦人の見物するなかを,試合専用のりっぱな甲冑を身につけて闘った。剣や槍の先は丸くして危険を防いだが,死傷者の出ることも多かった。このほか,固定した標的を槍でつく競技にクインティンquintainと呼ばれるものがあり,これは庶民のあいだでも盛んに行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トーナメント【tournament】

〔中世ヨーロッパにおける騎士の馬上試合から〕
一試合ごとに敗者を除き、勝者同士を戦わせ、最後に勝ち残った一人または一チームを優勝とする競技方法。 → リーグ戦

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トーナメント
とーなめんと
tournament

競技方式の一種で、最後まで勝ち残った者を優勝者とする勝ち残り式試合のことをいう。そのおこりは、二組に分かれて攻撃しあい相手を落馬させ、その落馬した数が少ない組を勝ちとした、11世紀のフランスにおけるトルノワtournoiともよばれる騎士の馬上試合であるが、それが転じて試合、勝負を意味し、さらに競技方式を示すようになった。トーナメントは、試合が行われるにつれ試合数が少なくなるため、参加者が多い場合でも比較的短期間に成績を決められるという長所をもつが、勝ち抜き戦であるために、敗者は一度敗れると他と対戦する機会を失うという短所ももつ。このようなトーナメントの短所を補うために、一般には強い者同士が最初から対戦しないようにシード制を用いたり、総当たり試合であるリーグ戦の長所を取り入れた、「トーナメント・リーグ結合型」の方式を採用したりする。この方式には次の二つがある。一つは、参加者を数グループに分けて各グループでリーグ戦をしたあとに、おのおののグループの勝者がトーナメント戦を行う方式であり、他の一つは、最初にトーナメント戦で参加者を減らし、その後リーグ戦を行う方式である。[犬馬場紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトーナメントの言及

【騎士道】より

…勇猛,むしろ凶暴は騎士の本質であった。騎士道絵巻のひとこまとして想起される野試合(トーナメント)にしても,武技を鍛え勇猛心を鼓舞すると同時に,敵手の乗馬や武具を奪うための,悽惨な遊戯,実戦の代用であった。殺害を直接目的とはしなかったものの,死傷者続出は避けられなかった。…

【スポーツ】より


[概念]
 スポーツとは,競争を中心とする〈近代スポーツ〉,楽しさを中心とする〈ニュー・スポーツ〉,民族的なアイデンティティや儀礼を中心とする〈民族スポーツ〉,癒しや瞑想を中心とする〈瞑想系身体技法〉,健康を志向する〈体操・ダンス〉,自然との接点を求める〈野外スポーツ〉などの総称である。 近代スポーツには,サッカーや野球のようなボールゲーム,走・跳・投の陸上競技,剣道や柔道のような格闘競技,スキーやスケートのような氷雪上の競技,競泳や飛び込みのような水上競技,競馬やドッグレースのような動物のスポーツ,ヨットやボートのような舟のスポーツ,自転車や自動車のような車のスポーツ,ボールルーム・ダンスを中心とする競技ダンス,などが含まれている。…

※「トーナメント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トーナメントの関連キーワードHONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido HillsHEIWA×PGM CHAMPIONSHIPパナソニックオープンゴルフチャンピオンシップカシオワールドオープンゴルフトーナメントブリヂストンオープンゴルフトーナメントKKT杯バンテリンレディスオープンダンロップ・スリクソン福島オープンダンロップフェニックストーナメント三井住友VISA太平洋マスターズマイナビABCチャンピオンシップNHK杯テレビ囲碁トーナメント戦ANAオープンゴルフトーナメントISPSハンダグローバルカップ日本オープンゴルフ選手権競技RIZAP KBCオーガスタイベント・スポンサーシップ4大メジャートーナメントダイヤモンドカップゴルフ日本プロゴルフ選手権大会

トーナメントの関連情報