赤木 桁平(読み)アカギ コウヘイ

20世紀日本人名事典の解説

赤木 桁平
アカギ コウヘイ

大正・昭和期の評論家,政治家 衆院議員;文部参与官。



生年
明治24(1891)年2月9日

没年
昭和24(1949)年12月10日

出生地
岡山県

本名
池崎 忠孝(イケザキ タダタカ)

学歴〔年〕
東京帝大法科大学独法科卒

経歴
大正元年「鈴木三重吉論」を、2年に「夏目漱石論」を発表して評論家として注目される。5年発表の「『遊蕩文学』の撲滅」は論争にまでなった。5年「芸術上の理想主義」を、6年「夏目漱石」「近代人の諸象」を、7年「人及び思想家としての高山樗牛」を刊行。以後実業界、政界に転じ、米英排撃の国家主義的論著を発表。昭和5年刊行の「亡友芥川龍之介への告別」が最後の文芸評論となった。11年大阪3区より衆院議員に3選。第1次近衛内閣の文部参与官、大政翼賛会参与等を歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

赤木 桁平
アカギ コウヘイ


肩書
衆院議員,文部参与官

本名
池崎 忠孝(イケザキ タダタカ)

生年月日
明治24年2月9日

出生地
岡山県

学歴
東京帝大法科大学独法科卒

経歴
大正元年「鈴木三重吉論」を、2年に「夏目漱石論」を発表して評論家として注目される。5年発表の「『遊蕩文学』の撲滅」は論争にまでなった。5年「芸術上の理想主義」を、6年「夏目漱石」「近代人の諸象」を、7年「人及び思想家としての高山樗牛」を刊行。以後実業界、政界に転じ、米英排撃の国家主義的論著を発表。昭和5年刊行の「亡友芥川龍之介への告別」が最後の文芸評論となった。11年大阪3区より衆院議員に3選。第1次近衛内閣の文部参与官、大政翼賛会参与等を歴任した。

没年月日
昭和24年12月10日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

赤木 桁平 (あかぎ こうへい)

生年月日:1891年2月9日
大正時代;昭和時代の評論家;政治家。衆議院議員
1949年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報