撲滅(読み)ぼくめつ

精選版 日本国語大辞典「撲滅」の解説

ぼく‐めつ【撲滅】

〘名〙
① 打ち消すこと。たたいてを消すこと。
田氏家集(892頃)中・奉酬観源相公旧宅詩「曾知滅直難得、高蓋車門幾用情」 〔書経‐盤庚上〕
② 完全にほろぼすこと。ほろぼしたやすこと。
※妻(1908‐09)〈田山花袋〉一一「人が寄ってたかって自己を撲滅(ボクメツ)しやうとしてるかのやうに思ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android