忠孝(読み)ちゅうこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忠孝
ちゅうこう

君主に対する忠義と親に対する孝行を結合して説かれた道徳思想。中国の儒教思想に源流をもつ。日本では古くから人倫道徳の大本として重んじられたが,特に明治以後第2次世界大戦の終りまでは,国民道徳を確立する観点から国の政策としても重視され,修身教育の中核として位置づけられた。 (→ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ちゅうこう【忠孝】

沖縄の泡盛。酒名は、創業者・大城忠孝の名にちなみ命名。一般酒と古酒がある。「忠孝南蛮荒焼」は蔵元独自に開発した熟成用陶器製容器に入った古酒。原料はタイ米黒麹。アルコール度数30%、43%など。蔵元の「忠孝酒造」は昭和24年(1949)創業。所在地は豊見城市字名嘉地。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐こう ‥カウ【忠孝】

〘名〙 忠と孝。主君に対する忠誠と、親に対する誠心の奉仕。臣下としての義務を尽くすことと、子としての義務を尽くすこと。
※三教指帰(797頃)序「爰有一多親識、縛我以五常索、断我以忠孝
※徒然草(1331頃)一二二「身を養ひ、人を助け、忠孝のつとめも、医にあらずは有るべからず」 〔漢書‐金日磾伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の忠孝の言及

【孝】より

…《孝経》においては,天子から庶人にいたるまでの各階層それぞれの〈孝〉のありかたが説かれるとともに,〈孝〉は天地人の三才をつらぬく宇宙的原理にまで高められている。 〈孝〉は〈忠〉とあわせて〈忠孝〉とよばれることが多いが,本来〈忠〉に対して〈孝〉はより本源的であり,〈忠〉は〈孝〉から派生するものと考えられた。〈孝を以て君に事えれば則ち忠〉とか,〈忠臣を求むるには必ず孝子の門においてす〉とかいわれたのはそのためである。…

※「忠孝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忠孝の関連情報