コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤沈 セキチン

大辞林 第三版の解説

せきちん【赤沈】

〔「赤血球沈降速度」の略〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤沈
せきちん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の赤沈の言及

【血沈】より

…正確には赤血球沈降速度erythrocyte sedimentation rateといい,これを略して赤沈ともいう。血漿中に浮遊している赤血球が沈降する速度を測定することにより,病気の有無や病勢を判断する臨床検査法。…

※「赤沈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

赤沈の関連キーワードアレルギー性紫斑病(アナフィラキシー様紫斑病/シェーンライン・ヘノッホ紫斑病)多発性動脈炎(顕微鏡的多発血管炎/結節性多発動脈炎)甲状腺の良性腫瘍(腺腫/嚢胞/腺腫様甲状腺腫)慢性甲状腺炎(橋本病/自己免疫性甲状腺炎)大動脈炎症候群(高安動脈炎/脈なし病)リウマチ性多発筋痛症シェーグレン症候群若年性関節リウマチ結節性紅斑の検査悪性関節リウマチ急性間質性肺炎関節リウマチ化膿性骨髄炎多発性骨髄腫ホジキン病抗凝固剤強皮症膠原病

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android