コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血沈 けっちん erythrocyte sedimentation rate

6件 の用語解説(血沈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血沈
けっちん
erythrocyte sedimentation rate

赤血球沈降速度のこと。赤沈ともいう。赤血球の比重は血漿より大きいから,血液をクエン酸ソーダなどで凝固しないようにして管内に静置すると,上部の血漿と下部の赤血球に分離する。この現象を赤血球沈降反応といい,その沈降の速度を赤血球沈降速度という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けっ‐ちん【血沈】

赤血球沈降速度」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

血沈【けっちん】

赤沈とも。赤血球沈降速度(反応)の略。血液に抗凝固剤を加えて一定の細管内に注入後,直立放置すると,血漿(けっしょう),血球の分離が起こるが,各種感染病,膠原(こうげん)病,悪性腫瘍(しゅよう),貧血等の患者ではその分離が短時間で起こる。
→関連項目肺結核

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けっちん【血沈】

正確には赤血球沈降速度erythrocyte sedimentation rateといい,これを略して赤沈ともいう。血漿中に浮遊している赤血球が沈降する速度を測定することにより,病気の有無や病勢を判断する臨床検査法。診療や健康診断等で,最も簡単で基本的な検査方法の一つとして広く用いられている。その原理はまだ十分明らかではないが,次のように考えられている。すなわち,赤血球は表面に陰性荷電をもち互いに反発する傾向にあるが,種々の原因により血漿タンパク質のうち陽性荷電を有するグロブリンフィブリノーゲン等が増加すると,また逆に陰性荷電を有するアルブミンが減少すると,赤血球表面の陰性荷電が弱まり,赤血球どうしの反発が減って凝集しやすくなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けっちん【血沈】

〔「赤血球沈降速度」の略〕
凝固を阻止した血液をガラス管内に垂直に立てた状態で、赤血球が一定時間に沈降する速度。赤血球の数・血漿タンパクの性状などに影響され、炎症性疾患・悪性腫瘍しゆよう・貧血・妊娠などで亢進、赤血球増多症・ DIC などで遅延する。赤沈。 ESR 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血沈
けっちん

赤血球沈降反応の略称で、赤沈ともいう。1918年スウェーデンのファーレウスR. S. Fahraeusは、妊娠の早期診断法を探しているうちに、凝固を防止した血液を直立した試験管に入れて静置しておくと、妊娠した場合では、赤血球が非常に早く沈殿していくことをみいだした。その後、この現象は、妊娠に限らず、種々の疾患でもおこる非特異的な反応であることがわかり、赤血球沈降反応とよばれることになった。この反応は、後述するように、血漿(けっしょう)中における赤血球の「浮遊性の安定度」の尺度ともみることができる。
 この赤血球沈降反応は、手軽に実施できるため、病院での臨床検査に広く用いられてきた。普通に行われるのはウェスターグレーンWestergrenの方法で、凝固防止用として3.8%のクエン酸ナトリウム0.4ミリリットルを混合した血液2ミリリットルを、内径2.5ミリメートル、長さ300ミリメートルの試験管に吸い上げ、垂直に保持して、1時間後と2時間後における赤血球層の沈下の程度を読み取る。この試験管には0~200ミリリットルの目盛りがつけてあり、その基準値は、1時間で男子は0~6.5ミリリットル、女子では0~15ミリリットルである。一般に女子では男子より生理的な変動の幅が大きい。
 血沈速度を左右する因子としては、まず貧血があげられる。貧血の場合は、赤血球数が少ないから、その沈下が他の血球との衝突によって妨げられることが少なく、血沈は促進する。次に関与するのが物理的な法則である。沈降する赤血球は、遅かれ早かれ貨幣が積み重なったような、集合した凝集現象aggregationをおこす(これを連銭形成rouleaux formationとよぶ)。一般に液体中を半径rの球体が沈降する場合、次のストークスの法則が成立する。

μは沈降速度、ηは液の粘度、ρ1およびρ2は球体と液体の密度、は重力の加速度である。
 この式から明らかなように、沈降速度は、沈下する固体の半径の2乗に比例するから、赤血球が連銭をつくり、大きな塊となると、もっとも有効に沈降速度が促進される。
 多くの疾患に際してみられる赤血球沈降速度の増加は、この凝集の促進に由来している。この場合、沈降速度の促進した赤血球を分離し、生理的食塩水中に浮遊させると沈降速度は著しく遅くなる。すなわち、促進の原因は赤血球自体にあるのではなく、血漿中にあることが示唆されるわけである。この血漿中の促進因子としてもっとも注目されているのが血漿タンパク質である。血漿タンパク質は一定の電荷を帯びており、赤血球周囲を覆って、その浮遊性の安定度を維持していると考えられる。これらタンパク質のうち、線状タンパクで等電点のもっとも高いフィブリノーゲンがいちばん血沈の促進度と関係が深く、ついでグロブリンとなる。一方、アルブミンは、血沈の促進とは負の相関関係にある。[本田良行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

血沈の関連キーワード沈降速度赤血球沈降速度赤血球形成赤血球増多赤血球沈降反応大赤血球大赤血球症沈降定数有棘赤血球ストークスの沈降速度式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血沈の関連情報