赤銅色(読み)しゃくどういろ

デジタル大辞泉「赤銅色」の解説

しゃくどう‐いろ【赤銅色】

赤銅のような色。黄みがかった暗い赤茶色。「赤銅色に日焼けした顔」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の赤銅色の言及

【赤銅】より

…緑青(ろくしよう),明礬(みようばん),胆礬(硫酸銅)で処理すると,紫色を帯び,烏(からす)の羽のようなつややかな黒色を呈するので烏金と書く。またこの色を赤銅色という。室町時代以後使用されるようになり,特に装剣小道具(装剣金具刀装)のなかに多く用いられる。…

※「赤銅色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android