コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤阪音七 あかさか おとしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤阪音七 あかさか-おとしち

1881-1953 明治-昭和時代の実業家。
明治14年6月28日生まれ。40年上京し,池貝鉄工所で漁船用発動機の始動性改良に成功。43年静岡県焼津に赤阪鉄工所を創立し,焼玉エンジン,ディーゼルエンジンの開発,製造などをおこなった。昭和28年8月17日死去。72歳。兵庫県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤阪音七の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑川島雄三野村芳太郎森一生単層日本自由党今井正

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android