鉄砲鍛冶(読み)てっぽうかじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄砲鍛冶
てっぽうかじ

戦国~江戸時代の鉄砲製作業者,あるいは鉄砲製造業をいう。天文 12 (1543) 年の鉄砲伝来以降,鉄砲は急速に伝播し,特に九州,畿内などで製作技術者集団が形成され,領主の保護を受けて中心地が形成されていった。その著名なものとして近江国友 (→国友鉄砲鍛冶 ) ,和泉肥前有馬紀伊根来 (ねごろ) などがあり,その製作技術はそれぞれ秘伝として伝承されていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てっぽう‐かじ テッパウかぢ【鉄砲鍛冶】

〘名〙 鉄砲を造る鍛冶屋。鉄砲製造の職人。
※堺鑑(1684)下「国康と云鉄炮鍛冶を呼下して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android