舞鶴(読み)マイヅル

  • まいつる
  • まいづる まひ‥
  • まいづる〔まひ〕
  • 地名

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

新潟の日本酒。酒名は、冬の酒造期になると庭先が舞い降りていたことから命名吟醸酒純米酒本醸造酒などがある。「しぼりたて生酒」は冬季限定の本醸造酒。原料米は一本〆。仕込み水は東山連峰・金倉山の伏流水蔵元の「恩田酒造」は明治8年(1875)創業。所在地は長岡市六日市町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 舞っている鶴。
※浄瑠璃・松風村雨束帯鑑(1707頃)五「まひづるの舞ひ悦ぶや」
② 紋所の名。鶴が翼をひろげた姿をかたどったもの。
※浮世草子・好色一代女(1686)五「角のうちに小の字舞鶴(マヒヅル)香の図無用の紋所を移し」
③ 江戸時代、元祿(一六八八‐一七〇四)ごろ、京都で最上の銘酒の名。別名、さざれいし。
※浮世草子・好色一代男(1682)一「京よりもたせたる、舞鶴(マイツル)花橘の、樽の口を切りて」
[2] 京都府北部の地名。若狭湾西部の舞鶴湾に臨む。江戸時代、牧野氏三万五千石の城下町、西回り航路の寄港地として栄えた西舞鶴と、明治後期から旧海軍の軍都として栄えた東舞鶴とから成る。第二次世界大戦後は引揚港となり、阪神工業地帯の日本海側の玄関口をなす貿易港で、鉄鋼・機械・造船・水産加工など各種の工業が盛ん。昭和一三年(一九三八)西舞鶴地区が舞鶴市として市制。同年市制の東舞鶴市と同一八年に合併し、ほぼ現市域が確定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舞鶴の関連情報