走光性(読み)そうこうせい(英語表記)phototaxis

翻訳|phototaxis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「走光性」の解説

走光性
そうこうせい
phototaxis

光が刺激となる走性水中の小動物が明るいところに集るのはこれによる。 (うじ) が暗いところを好むのは光から逃げるの走光であるが,これは走暗性ということもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「走光性」の解説

そうこう‐せい ソウクヮウ‥【走光性】

〘名〙 生物が光の刺激に対して示す走性。光に向かう場合を、遠ざかる場合を負の走光性といい、前者ミドリムシ後者ミミズなどにみられる。趨光(すうこう)性。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「走光性」の解説

そうこう‐せい〔ソウクワウ‐〕【走光性】

生物が光の刺激に対して示す走性。光に向かう場合を正の走光性といい、集魚灯誘蛾灯ゆうがとうはこれを利用したもの。ひかり走性。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の走光性の言及

【走性】より

…taxisの語源はギリシア語で,〈秩序づける〉,転じて〈定位する〉という意味。例えば,ガその他の虫が光に向かって飛んできたり(光(ひかり)走性または走光性),魚が流れに逆らって泳いだり,トンボやガが風に逆らって飛んだりする(流れ走性,走流性,走風性)現象がそれにあたる。刺激の種類によってこのように光走性,流れ走性と呼ばれるが,このほか,においのある化学物質に対しておこる化学走性(走化性――ハエなど多くの昆虫にみられる),一定の音に対する音響走性(走音性――カなど),重力走性(走地性――カタツムリなど),一定の温度あるいは湿度の場所に集まってくる温度走性,湿度走性(走温性――ゾウリムシなど,走湿性――ミミズなど)など,生物にはさまざまな走性が認められる。…

※「走光性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android