起爆(読み)キバク

デジタル大辞泉の解説

き‐ばく【起爆】

[名](スル)火薬に爆発反応を起こさせること。「起爆装置」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きばく【起爆】

( 名 ) スル
火薬や爆弾に爆発を起こさせること。 「 -装置」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ばく【起爆】

〘名〙 火薬の爆発を起こさせること。また、そのための火薬。
※水の葬列(1967)〈吉村昭〉二「起爆の瞬間、私たちは一斉に退避するが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の起爆の言及

【爆発】より

…化学的爆発は,可燃性のガスや粉塵が空気と可燃範囲(爆発範囲)内の組成に混合した場合,液体や固体の可燃物と酸化剤が適当な割合に混合した場合,さらに自己分子内に酸素を保有する酸素含有物質などで起こる。この形式の爆発は起爆ともいわれ,発熱反応による熱的な自己加速と分岐連鎖反応による活性化学種の増加が重要な役割を果たす。しかしその内容は燃焼における発火の場合と変わらない。…

※「起爆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

起爆の関連情報