コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瞬間 しゅんかんinstant; Augenblick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瞬間
しゅんかん
instant; Augenblick

眼のまたたき,Blick des Augesに由来する「瞬間」 Augenblickは,すでに中世高地のドイツ語では時間的意味を与えられていたが,のちになって過去と未来の間に存する「今」というきわめて短い時間的規定を有する語として使われるようになった。哲学史上「瞬間」の概念を初めて規定したのはプラトンである。彼は,瞬間 to exaiphnēs (突然) をそれから運動 kinēsis,あるいは静止 stasisへの変化が起るようなものとして,また両者の間に一種奇妙なもの atopon (「場所をもたない」の意) としてあり,時間 chronosのなかには存在しないものであると規定した (『パルメニデス』) 。 S.キルケゴールは『不安の概念』のなかでプラトンの瞬間の規定に言及しながら,瞬間を一切の過去的なもの,未来的なものをもたぬ現在的なものそのもの,永遠と時間が相互に触れ合う二義的なものとして把握した。一般に瞬間は,単なる時間的規定を示す語であるばかりでなく,質的に高められた時を意味することが多い。ギリシア語のカイロスもその一例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐かん【瞬間】

《またたきをする間の意》きわめて短い時間。またたく間。また、何かをした、そのとたん。「事故は瞬間の出来事だった」「声を聞いた瞬間子どものころを思い出した」「決定的瞬間

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんかん【瞬間】

きわめて短い時間。またたく間。瞬時。 「決定的-」 「打った-ホームランとわかる打球」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

瞬間の関連キーワードサティ:世紀毎の時間と瞬間的な時間/piano soloガラスコンプライアンスティック(Tick)シャッターチャンスフラッシュメーターファーストブレークタキストスコープアシュアリータコメーターリアルタイム最大摩擦力フラッシュガス湯沸器インパルス決定的瞬間タイミングホームラン接触軌道リリース

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瞬間の関連情報