超低金属星(読み)チョウテイキンゾクセイ

デジタル大辞泉「超低金属星」の解説

ちょうていきんぞく‐せい〔テウテイキンゾク‐〕【超低金属星】

太陽に比べて、おおむね1000分の1程度しか金属を含まない恒星水素に対する重元素比率低金属星に比べて、きわめて小さい恒星を指す。ビッグバンから間もなく誕生した初代星とよばれる第1世代の天体か、またはそれに近い天体であると考えられている。超金属欠乏星超低金属量星

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android