コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超固体相 ちょうこたいそう supersolid phase

1件 の用語解説(超固体相の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

超固体相

固体なのに超流動を起こす状態。ボース粒子の性格をもつ原子が固体を形づくるとき、低温にして最も低いエネルギー状態に置くと、結晶の性格を保ったまま、摩擦なしに流動するようになる。2004年1月、米ペンシルベニア州立大グループが、ヘリウム4(質量数4のHe)を固体にして、この状態と思われる現象をみた、と発表した。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超固体相の関連キーワード超流動フェルミ粒子ボース粒子ボース・アインシュタイン凝縮御竈を起こす心を起こす事を起こす身を起こす虫を起こすスーパーシンメトリー