コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超圧砕岩 ちょうあっさいがんultramylonite

岩石学辞典の解説

超圧砕岩

展砕岩(mylonite)の一種で,展砕岩化作用が極端に行われた結果,原岩の構造組織,砕残偽斑晶(porphyroclast),構成鉱物などはすべて破壊され消失して,全体として均質で緻密非晶質な岩石となったもの[Staub : 1915, Quensel : 1916].細粒のマトリクスを持つ圧砕岩(mylonite)で砕残偽斑晶(porphyroclast)は10%よりも少ない[Baker : 1990].燧石状圧砕岩またはフリント状圧砕岩ともいう.多少の平行構造などの残りが見られることがある.→ピュレ・パフェ

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

超圧砕岩の関連キーワードトラップショッテン片麻岩ウルトラマイロナイト脈状圧砕岩

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android