コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超望遠レンズ ちょうぼうえんレンズ ultra telephoto lens

3件 の用語解説(超望遠レンズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超望遠レンズ
ちょうぼうえんレンズ
ultra telephoto lens

望遠撮影用に設計された長焦点レンズの一種で,画角 8°を下回るレンズ。画角はカメラの撮影画面の対角線レンズの中心に対してとる角度で,標準レンズでは 47°であり,35ミリ判カメラのレンズでは,焦点距離との関係は,300mmで 8°,400mmで 6°,500mmで 5°,600mmで 4°,1200mmで 2°となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうぼうえん‐レンズ〔テウバウヱン‐〕【超望遠レンズ】

望遠レンズの中でも特に焦点距離が長い写真レンズ。35ミリ判カメラでは、ふつう焦点距離が400ミリメートル以上のレンズをいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

超望遠レンズ

 35mmカメラで、およそ300mm以上の焦点距離を持つ望遠レンズのこと。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の超望遠レンズの言及

【球面鏡】より

… 球面鏡には色収差がまったくないという特徴はあるが,球心に物体を置いた等倍結像系の場合を除き,球面収差をはじめ各種の収差が大きいので単独で用いられることは少ない。しかし凹面鏡を非球面補正板と組み合わせて球面収差とコマ収差を同時に除去したシュミット望遠鏡は明るくかつ広視野の天体望遠鏡として広く用いられており,また反射鏡とレンズ系を組み合わせた反射屈折光学系は,二つの反射鏡の間で光を往復させるためレンズ全長を短くでき,しかも色収差がないため,超望遠レンズに使われることが多い。このほか広い波長域にわたって大きい反射率をもつアルミニウムを表面に蒸着して作られる球面鏡は,ガラスなどの光学材料の光の吸収のため屈折系を使用できない波長域での光学機器として多用されており,例えば凹面鏡に多数の平行線を刻んだ凹面格子は紫外域での分光器などに利用される。…

※「超望遠レンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

超望遠レンズの関連キーワード単焦点レンズマクロレンズ望遠レンズコンバーターレンズ写真レンズ名玉中望遠レンズバリフォーカルレンズ可変焦点レンズガリレイ望遠鏡

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

超望遠レンズの関連情報