超深層学術ボーリング(読み)ちょうしんそうがくじゅつボーリング(英語表記)superdeep scientific drilling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超深層学術ボーリング
ちょうしんそうがくじゅつボーリング
superdeep scientific drilling

可能なかぎり深い掘削孔を掘り,地下深部の状態や物質を直接観測しようとする試み。地震波速度構造など地球物理学的観測データに基づいた地下深部の構造に関するモデルの検証のためにも重要である。外国では旧ソ連が過去 20年間コラ半島で掘削を続け,12kmの深部に到達しているほか,ドイツでは KTB (大陸深層ボーリング) を行なっており,現在 5kmまで達している。アメリカでは過去にモホロビチッチ不連続面 (モホ面) までの掘削を計画したが,経済的な問題から中止された。日本でも超深層学術ボーリングを行おうという計画があるが,具体的な実施のめどは立っていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android