コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超紐理論 チョウヒモリロン

デジタル大辞泉の解説

ちょうひも‐りろん〔テウひも‐〕【超×紐理論】

超弦理論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうひもりろん【超紐理論】

重力相互作用まで含めた統一場理論として有力視されている、超対称性を基本にしたひも理論。ひもは場のような時空の一点で定義されたものではなく、一次元的に伸びた広がりを持つ(長さはプランクの長さ 10-33cm ほど)。このひも理論の存在する次元は十次元時空であると考えられている。超弦理論。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

超紐理論の関連キーワード重力相互作用統一場理論超対称性プランク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android