コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力相互作用 じゅうりょくそうごさようgravitational interaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重力相互作用
じゅうりょくそうごさよう
gravitational interaction

すべての物質とエネルギーに働く万有引力を生み出す基本相互作用。アルバート・アインシュタイン一般相対性理論では,万有引力は物質やエネルギーによって引き起こされた時空世界のひずみが,ほかの物質やエネルギーに及ぼす作用として解釈される。時空世界のひずみは計量テンソル gμνxyzt)で記述され,gμν重力場という。物質やエネルギーと重力場を相関させる原因が重力相互作用である。この相互作用の強さは万有引力定数 G,陽子の質量 m,プランク定数 h,光速度 cを用いて無次元の数 m2G/2πhc=5.9×10-39で特徴づけられ,弱い相互作用よりもさらに 10-34倍も弱く,作用の到達距離は無限大である。場の量子論では,重力相互作用は素粒子による重力子の放出・吸収であり,重力子の交換の結果,万有引力が生じると考えられる。重力を含む統一理論として超弦理論が精力的に研究されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

重力相互作用【じゅうりょくそうごさよう】

相互作用

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうりょくそうごさよう【重力相互作用】

万有引力の法則に基づいて質量の間に作用する力。素粒子の基本的相互作用の一つであるが、その強さは弱い相互作用の10の34乗分の一以下である。重力は一般相対性理論で扱われ、力を媒介する重力場は時空の歪みとして記述される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の重力相互作用の言及

【相互作用】より


【物理学における相互作用】
二つまたはそれ以上の物質が互いに力を及ぼしあうこと。物質の基本的な相互作用としては,重力相互作用(重力),電磁相互作用(電磁力),弱い相互作用(弱い力)および強い相互作用(強い力)の4種類があることが知られている。相互作用をその強さの順に並べると,強い相互作用,電磁相互作用,弱い相互作用,重力相互作用となる。…

※「重力相互作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重力相互作用の関連キーワードロッシュ(フランスの天文物理学者、地球物理学者、数学者)アソシエーション(恒星の集団)ワインバーグ‐サラムの理論高エネルギー物理学素粒子の標準理論素粒子の相互作用相互作用(物理)宇宙の相転移ビッグバン説素粒子物理学統一場理論ゲージ理論ゲージ粒子特異銀河超紐理論浮遊惑星レプトンカロン電磁場歪み

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android