重力相互作用(読み)じゅうりょくそうごさよう(英語表記)gravitational interaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重力相互作用
じゅうりょくそうごさよう
gravitational interaction

すべての物質とエネルギーに働く万有引力を生み出す基本相互作用。アルバート・アインシュタイン一般相対性理論では,万有引力は物質やエネルギーによって引き起こされた時空世界のひずみが,ほかの物質やエネルギーに及ぼす作用として解釈される。時空世界のひずみは計量テンソル gμνxyzt)で記述され,gμν重力場という。物質やエネルギーと重力場を相関させる原因が重力相互作用である。この相互作用の強さは万有引力定数 G,陽子の質量 m,プランク定数 h,光速度 cを用いて無次元の数 m2G/2πhc=5.9×10-39で特徴づけられ,弱い相互作用よりもさらに 10-34倍も弱く,作用の到達距離は無限大である。場の量子論では,重力相互作用は素粒子による重力子の放出・吸収であり,重力子の交換の結果,万有引力が生じると考えられる。重力を含む統一理論として超弦理論が精力的に研究されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうりょくそうごさよう【重力相互作用】

万有引力の法則に基づいて質量の間に作用する力。素粒子の基本的相互作用の一つであるが、その強さは弱い相互作用の10の34乗分の一以下である。重力は一般相対性理論で扱われ、力を媒介する重力場は時空の歪みとして記述される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の重力相互作用の言及

【相互作用】より


【物理学における相互作用】
二つまたはそれ以上の物質が互いに力を及ぼしあうこと。物質の基本的な相互作用としては,重力相互作用(重力),電磁相互作用(電磁力),弱い相互作用(弱い力)および強い相互作用(強い力)の4種類があることが知られている。相互作用をその強さの順に並べると,強い相互作用,電磁相互作用,弱い相互作用,重力相互作用となる。…

※「重力相互作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android