電磁相互作用(読み)でんじそうごさよう(英語表記)electromagnetic interaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電磁相互作用
でんじそうごさよう
electromagnetic interaction

荷電粒子と電磁場光子)の相互作用で,その強さは微細構造定数 e2/ℏc=1/137.04 で特徴づけられる。ただし,ℏ=h/2πであり,e は電気素量,h はプランク定数,c は真空中の光速度である。荷電粒子間に働く作用は光子によって伝搬され,光子の質量がゼロであるため作用の到達距離は無限に長い。この相互作用は,ゲージ変換と空間反転のもとで不変であり,アイソスピンの第三成分,ストレンジネス,チャームを保存する。荷電共役変換と時間反転に関しても不変と考えられているが,いまだに確定的ではない。電磁場の制御が高い精度で可能であることから,素粒子の研究の主要な手段を提供する。また電磁相互作用はくりこみ可能であるため,素粒子理論の典型となっている。(→くりこみ理論

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

でんじそうごさよう【電磁相互作用】

荷電粒子の間、または電磁場と荷電粒子の間に作用する電磁気力。素粒子の基本的相互作用の一。原子・分子・物質を構成し、それらの性質を決める根源的な力で、量子電磁力学によって扱われる。 → 素粒子の相互作用

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の電磁相互作用の言及

【相互作用】より


【物理学における相互作用】
二つまたはそれ以上の物質が互いに力を及ぼしあうこと。物質の基本的な相互作用としては,重力相互作用(重力),電磁相互作用(電磁力),弱い相互作用(弱い力)および強い相互作用(強い力)の4種類があることが知られている。相互作用をその強さの順に並べると,強い相互作用,電磁相互作用,弱い相互作用,重力相互作用となる。…

【素粒子】より

…しかし,この重力は軽い素粒子のレベルでは非常に弱くて,実際に精密な測定にはかからない。二つめは電磁気力(電磁相互作用)である。すべての化学的反応は原子の中の電子の活動として理解することができ,それは電磁気力に支配されている。…

※「電磁相互作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android