コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超音波増幅 ちょうおんぱぞうふくultrasonic amplification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超音波増幅
ちょうおんぱぞうふく
ultrasonic amplification

固体を伝播する超音波を電子流と相互作用させて増幅すること。直流電界で加速された電子の速度が超音波の伝播速度より少し速くなると増幅現象が現れる。バルク中の超音波増幅は硫化カドミウムゲルマニウム,テルルなどで見出されている。表面波の増幅は硫化カドミウムでも見出されているが,表面波をニオブ酸リチウムなどの圧電性の強く現れる強誘電体表面を伝播させ,その上にはりつけた半導体中の電子を加速して表面波を増幅する方法も用いられている。このときの半導体としてシリコン,ゲルマニウム,ヒ化ガリウムインジウム・アンチモンなどが使用された例がある。超音波と電子の相互作用は,シリコンやゲルマニウムでは変形ポテンシャルを介したものであり,上述の他の半導体では圧電性を介している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android