超音波増幅(読み)ちょうおんぱぞうふく(英語表記)ultrasonic amplification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超音波増幅
ちょうおんぱぞうふく
ultrasonic amplification

固体を伝播する超音波を電子流と相互作用させて増幅すること。直流電界で加速された電子の速度が超音波の伝播速度より少し速くなると増幅現象が現れる。バルク中の超音波増幅は硫化カドミウムゲルマニウム,テルルなどで見出されている。表面波の増幅は硫化カドミウムでも見出されているが,表面波をニオブ酸リチウムなどの圧電性の強く現れる強誘電体表面を伝播させ,その上にはりつけた半導体中の電子を加速して表面波を増幅する方法も用いられている。このときの半導体としてシリコン,ゲルマニウム,ヒ化ガリウムインジウム・アンチモンなどが使用された例がある。超音波と電子の相互作用は,シリコンやゲルマニウムでは変形ポテンシャルを介したものであり,上述の他の半導体では圧電性を介している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android