コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越乃幻の酒

2件 の用語解説(越乃幻の酒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

越乃幻の酒

新潟県、越の華酒造が製造する清酒の商品名。純米吟醸。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こしのまぼろしのさけ【越乃幻の酒】

新潟の日本酒。山田錦と幻の酒米といわれる亀の尾、オリジナル酵母を使用して醸造する純米吟醸酒仕込み水阿賀野川上流の名水「桂清水」。蔵元の「越の華酒造」は明治3年(1870)創業。所在地は新潟市中央区沼垂西。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越乃幻の酒の関連キーワードいちい亀の翁潟の井菊の日本越の寒中梅谷乃井伝衛門錦盛福扇雪乃幻

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone