コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒米 さかまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酒米
さかまい

酒造ともいう。清酒の原料とする米。一般的にいうとデンプン質の含有量の多い軟質の粳米 (うるちまい) がいちばんよく,摂津米,播州米,備前米が優良銘柄で,外米では加州米,朝鮮米が適している。選択するには,大粒淡褐色,ろう状の光沢があってやや未熟のものがよく,米粒の白い中心部の心白 (しんじろ) が多いものほど蛋白質が少くて優良といわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐まい【酒米】

酒造用に作った米。山田錦など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅまい【酒米】

酒造用に作った米。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

酒米の関連キーワード岩手県紫波郡紫波町白鶴 白鶴錦白鶴 山田穂白鶴 和風人みずほのか三和[町]赤坂[町]白山[町]越木岩神社藤川 禎次滝野[町]越乃幻の酒兵庫北錦菊の日本杜氏の夢五百万石兵庫夢錦特醸 雅天津神力朝日酒造

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒米の関連情報