山田錦(読み)ヤマダニシキ

  • 米麦

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大吟醸など高級日本酒の原料になる酒造好適米。兵庫県立農事試験場(現・県立農林水産技術総合センター)が品種改良を重ねて開発し、1936年に名付けられた。大粒で、出来上がった酒の雑味が少ないとされる。

(2011-01-31 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

日本酒の原料となる米の代表品種。原産は兵庫県。大粒で、の白い部分が大きく、できた酒の味も良いことから、酒米王者横綱と称され、主に吟醸酒に使われている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
主に三木市加東市などで生産される。日本を代表する酒造米。1923(大正12)年、兵庫県立農事試験場で山田穂と酒造品種の短稈渡船を交配。その後、品種改良を経て、1936(昭和11)年に山田錦と命名された。粘土質土壌山間盆地気候栽培に適する。大粒で、粒の中心部に心白が鮮明にでる。兵庫県の作付面積は全国の約80%にも及ぶ。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内の山田錦の言及

【吉川[町]】より

…《播磨国風土記》に美囊郡四里の一つとして吉川里の名が出ている。農業が主産業で,特に灘五郷の酒造米〈山田錦〉の産地として知られ,ピーマン,トマトなどの野菜の生産も盛んである。1974年に中国縦貫自動車道の吉川インターチェンジが開設され,ゴルフ場などのレジャー施設が増加した。…

※「山田錦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山田錦の関連情報