山田錦(読み)ヤマダニシキ

デジタル大辞泉 「山田錦」の意味・読み・例文・類語

やまだ‐にしき【山田錦】

稲の一品種日本酒醸造に最適とされる。米は大粒で脂肪たんぱく質含有量が少ない。兵庫県立農事試験場で開発、昭和11年(1936)に命名された。主産地は兵庫県。
[補説]主食用には向かない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品 「山田錦」の解説

山田錦[米麦]
やまだにしき

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
主に三木市加東市などで生産される。日本を代表する酒造米。1923(大正12)年、兵庫県立農事試験場で山田穂と酒造品種の短稈渡船を交配。その後、品種改良を経て、1936(昭和11)年に山田錦と命名された。粘土質土壌山間盆地気候栽培に適する。大粒で、粒の中心部に心白が鮮明にでる。兵庫県の作付面積は全国の約80%にも及ぶ。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラス 「山田錦」の解説

山田錦

酒造好適米の品種のひとつ。山渡50-7。兵庫県農業試験場で1923年に育成、1936年に命名された。山田穂と短稈渡船の交配種五百万石美山錦などと並ぶ代表的な酒米のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

とっさの日本語便利帳 「山田錦」の解説

山田錦

日本酒の原料となる米の代表品種。原産は兵庫県。大粒で、芯の白い部分が大きく、できた酒の味も良いことから、酒米の王者、横綱と称され、主に吟醸酒に使われている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典(旧版)内の山田錦の言及

【吉川[町]】より

…《播磨国風土記》に美囊郡四里の一つとして吉川里の名が出ている。農業が主産業で,特に灘五郷の酒造米〈山田錦〉の産地として知られ,ピーマン,トマトなどの野菜の生産も盛んである。1974年に中国縦貫自動車道の吉川インターチェンジが開設され,ゴルフ場などのレジャー施設が増加した。…

※「山田錦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

ワーキングホリデー

協定締結国の国民に対し,休暇の機会と,その間の滞在費用を補う程度の就労を認める査証(ビザ)を発給する制度。二国間の協定に基づき,国際的視野をもった青少年を育成し,両国間の相互理解と友好関係を促進するこ...

ワーキングホリデーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android